せいたかのっぽさん

せいたかさんといえば、コロボックル物語のせいたかさん。
のっぽさんといえば、「できるかな」の高見のっぽさん。

今日の写真は、せいたかのっぽのリアトリス。

f0287251_1447485.jpg

[PR]
by ericanada | 2014-07-27 14:49 | 庭の花 | Comments(6)
Commented by hiro-photo at 2014-07-27 19:17
こんばんは。
和名では、「百合薊(ゆりあざみ)」とか「麒麟菊(きりんぎく)」とか言われているようですね・・、この花姿ではやはり「麒麟菊」が一番納得いきそうです。
里山の自然林の様な雰囲気が有りますが、ベンチなどが置かれていて結構民家もある場所でしょうか・・・・。
Commented by ericanada at 2014-07-28 14:35

@@hiro-photoさん

百合薊、麒麟菊。素敵な日本の名前ですね。
これは植物園なんですよ。
私がいつも行く植物園で、広大な敷地にカナダ原産の植物はもちろん、世界各国からの植物を集めています。
Commented by シニア・ナビ事務局 at 2014-07-28 19:09 x
はじめまして。シニアナビ事務局と申します。
突然のコメントで申し訳ございません。

私たちはシニア向けのコミュニティサイト「シニア・ナビ」を運営しております。シニアナビはお持ちのブログ登録が出来き、シニアナビ内でこちらのブログを公開する事ができます。

メンバーにいつまでも楽しんで頂けるよう、また新しい趣味や生きがいをお探しの方に役立つサイトを目指して、日々、イベントなどを企画して発信しております。

こちらで日々書かれている素晴らしいブログをシニアナビでもご披露いただけないでしょうか? 私達は、皆様が書かれているブログを通してシニアの皆様にそれぞれの生活、趣味、生き方をお伝えし、ご自身の生活をより豊かなものにしていただきたいと考えています。ぜひご協力いただければと思います。

また、シニア・ナビに遊びに来ていただけると嬉しいです♪
Commented by borderlines at 2014-07-28 21:55
佐藤さとる 作 村上勉 絵 の「だれも知らない小さな国」ですか。子どもの頃に読んで私をファンタジー好きにさせた紛れもない一冊。その後、大人になってから箱入り全巻セットで買って、今も持ってます。(^^)
「豆つぶほどの小さないぬ」
「星からおちた小さな人」
「ふしぎな目をした男の子」
「小さな国のつづきの話」
「コロボックル物語〈別巻〉小さな人のむかしの話」

うはは、懐かしい。
Commented by ericanada at 2014-07-29 03:03

@@シニア・ナビさん

シニアのニオイがしましたか?
くんくん、おかしいなあ(笑)。
Commented by ericanada at 2014-07-29 03:42

@@魔術師さん

お~~~!!!
誰も相手にしてくれないだろうと思ったコメントに反応があり狂喜してます。
コロボックルの話大好きだったんですよ。
小さな人を見たいって本気で思ってました。
別巻は知らなかったなあ。
今度日本で探して見ます!
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
<< 天使の釣りざお 野菜 最終章 >>